2024年06月15日

「やってみる」こと(愛恩便り2019年9月)

「やってみる」こと

 イエスは、「何をしてほしいのか」と言われた。 (マルコによる福音書10:51)


 多くのノーベル賞受賞者が、「私の業績は、たくさんの失敗を重ねることから生まれた。」と言っています。また、それらの人の中には、「私の業績は、失敗の中からたまたま見つけたことの結果である。」と言っている人もいます。

 子どもたちの遊びを見ていても、新しい発見やそれによる経験のひろがりは、順序立てた計画に基づいた行動によって得られるだけではなく、たまたま起こった出来事や意図したこととは違う出来事をきっかけにして与えられる場合も多いように思えます。

 子どもたちは、「やってみたら出来た、それが自信につながった」という経験をたくさん積み重ねています。でも、それだけではなく「やってみたら、いつの間にか始めにしようと思っていたこととは違う展開になってしまった。が、その結果は?」という経験をたくさんしており、それもまた子どもの成長にとって欠かせない大切な一面になっています。

 例えば、子どもたちがいつものようにダンゴ虫を探していると、予想していたように、いつものプランターの下にいるダンゴ虫を見つけて喜ぶこともあるでしょう。でも、プランターを動かしてみたら、コオロギがとび出てきて、同じ場所にいる生き物が季節によって違うことに気付いたり、そのようなことをきっかけにして、虫の種類や生態の違いに興味を向けていくこともあるのです。

 こうした「思わぬ発見」や「予想外の展開」は、子どもの心に広がりや深まりを与え、情緒を豊かにし、物事に柔軟に対処していく力を身に付けさせます。

 いずれにしても、子どもが実際に「やってみる」ことがこうした経験の出発点になります。子どもたちの「やってみよう」とする思いを育て、失敗を恐れて萎縮することのないように見守りましょう。

 やってみた結果が仮に上手くいかなくても、失敗は、その後の知恵と力に変わります。子どもたちが思い切り色々な事に挑戦できる秋にしていきたいと思います。


posted by 聖ルカ住人 at 15:48| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みを健康に過ごすために(愛恩便り2019年8月)

夏休みを健康に過ごすために

 あなたの内にある恵みの賜物を軽んじてはなりません。 (テモテへの手紙一4:14 )


 私は、毎年夏休みが始まる前日(第1期終わりの集い)に、子どもたちと「早寝、早起き、朝ご飯」と唱えて、その言葉を夏休みのお約束にしています。この言葉は今から12年ほど前に文部科学省が子どもたちの生活向上運動推進のために用いた言葉です。この短い言葉の内容は、ことに夏休みを過ごすにあたり大切な事でもあり、各ご家庭でも是非このことを心掛けていただきたいと思います。

・早寝早起き

3歳から5歳の時期の子どもは、毎日10時間から12時間ほどの睡眠時間が必要であるとされています。睡眠には、心身の疲労を取り除き、脳や体を成長させる大切な働きがあります。是非、日々の「早寝、早起き」に努めましょう。人は眠りに入るとその眠りが深くなり、その段階で脳、骨、筋肉の成長を促すホルモンが分泌されます。就寝時間が遅くなると、これらの分泌にも影響しますので、午後9時ごろまでには就寝するように心がけましょう。また、人は子どもに限らず、朝の光を受けて脳が覚醒されます。これによって、体内時計はリセットされて一日が始まり、体も活性化されます。毎朝起床時間を定めて良いリズムでの一日を過ごせるように心掛けてください。

・朝ごはん

体は寝ている間もエネルギーを使っており、朝の体内には活動源となる栄養素が減っています。そこで、朝食によって栄養をとりいれ、一日の活動を始める状態を作ることが大切になります。また、朝食の働きは、栄養を取り入れるためだけではなく、「よく噛んで食べること」、「口を動かすこと」にもあります。噛むことと口を動かすことは、脳を覚醒させ、心身を活発に働かせる準備になります。よく噛んで食べることで、脳も、胃や腸も動き始め、胃腸の動きにともなって、夜の間に排泄準備のできている「うんち」の排泄刺激にもつながり、朝の排便習慣もできてきます。食べることで便意をもよおすのはごく自然のことであり、朝食と朝の排便を習慣化するためにも「早寝、早起き、朝ご飯」の生活を心掛けて夏休みを過ごしてください。

 このことは、ただ生活習慣を保つことに留まらず、私たちが神さまから与えられた自分の命(ライフ)の可能性をどのように引き出して、自分としてどのように豊かに生きるかという課題の根底に据えられることでもあります。

 夏休み期間中も、幼稚園では預かり保育を行います。開設日を確認の上、有効に活用してください。

posted by 聖ルカ住人 at 15:39| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月07日

交わり(愛恩便り2019年7月)

交わり

 主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがあなたがた一同と共にあるように。(コリントの信徒への手紙Ⅱ13:13)


 聖書の世界では、私たちは人と人の間に働く神の愛によって育まれると考えます。自分の心を開いて相手に関わるとき、しかもそこに神の愛が働くようにという祈りがあるとき、その場が私たちの予想していた以上に素晴らしい展開をする経験をすることがあります。昔の人はそのような場に働く力を「聖霊」と呼んで、そこに人の思いを超えた「神の愛」が働いていることを実感していたのでしょう。

 私たちが、お互いに恐れなく、真実で、本当の自分を開示でして他者と出会うとき、私たちは真実な自分を表現して、より深い本当の自分を他者と関わらせて生きることができるようになります。これが人間関係の原点です。ちなみに心理学で言うカウンセリングとは、人がこのように生きることを支援することであり、他者の人生の課題を代わりに生きることや人生相談に答を与えることではありません。

 たとえ子どもであっても、3歳を過ぎる頃から個性をもつ人間同士の交わりが始まります。それぞれの子どもが自分の個性を出し合うとき、その場は均一な意見や考えによるのではなく、各自の意見の先にある新しい展開が生まれます。

 幼稚園は、子どもたちが遊びを通して上記のような経験をたくさん重ねていく場です。子どもたちが規律や生活習慣を身に付けたり大人の指示によって一斉に同じ行動をとれるようにしたりすることも大切なことではありますが、それは、例えば避難訓練のように、他の人に迷惑や必要以外の負担をかけずに生きることや自分の身を守ることのために必要なことなのであり、人はたとえ子どもであっても、幼いときから自分の感じ方や考え方をしっかりと自分で把握し表現することへと方向付けていくことが求められています。

 人が生きていくためには、他の人と交わる中で自分と相手を理解し、互いの思いを分かち合い意見を出し合い支え合うことが大切になります。また、自分たちの予想を超えるその場の展開にも柔軟に建設的に対応していくことが求められます。そのような状況に応じて適切に対応していく能力(自己と他者の理解力、自己表現力、状況への対応力)の育成こそ、現代の幼児教育の大きな課題なのです。

 この能力は既成の答えのない遊びによる様々な経験を重ねる中で育つ能力であり、とりわけ他者との交わりとその経験の積み重ねによって育まれる能力です。

 神さまが私たちを他者と共に生きる存在としてお造りくださったことを感謝し、交わりの中で共に成長する喜びを味わうことができますように。

posted by 聖ルカ住人 at 21:39| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

子どもの心の基地(愛恩便り2019年6月)

子どもの心の基地

 神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦 (詩編46:2)


 幼稚園生活にすっかり慣れた子どもたちは、友だち関係にも遊びの内容にも広がりを見せています。そのような時期の子どもたちに、時に大切になるのが、「子どもの心の基地」としての信頼できる大人の存在です。

 例えば、よちよち歩き時代の子どもは、次第にお母さんの許から行動範囲を広げていきますが、そうできる前提には心の基地として信頼できるお母さんの存在があるからです。

 公園でお母さんの存在を忘れて夢中で遊んでいた子どもが、ふと「あれっ、お母さんはどこ?」と思って顔を上げて辺りを見回すとき、お母さんがいることを確認した安心感がどれほど深いものであるかは、誰でも思い巡らせることができるでしょう。子どもは再び安心して自分の遊びに集中します。逆に言って、落ち着いて自分の遊びに集中できる子どもの心は安定しており、伸びやかに自分を表現しながらその経験を更に広げ深めることができるのです。

 また、遊んでいる最中に辺りでいきなりい大きな物音がした場合、驚いた子どもは直ぐにお母さんの存在を求めて、お母さんのところに走っていって、抱きくことでしょう。その時、お母さんは子どもにとっての避難場所であり、そこで安心すると、つまり自分の心の基地で信頼できる存在を確認できると、大きな物音の恐れを乗り越えてまた自分の行動範囲を更に遠くまで広げていくことになります。

 このように、子どもが自分の行動範囲や思考と想像の枠を広げていくには、子どもの基地(ベースキャンプ)として信頼できる大人の存在が欠かせないのです。

 子どもは自分の感じたことや気付いたことを十分に表現するだけの言語力や技術に関しては未熟ですので、他者との行き違いや葛藤も生じやすく、それが子ども同士であればその傾向はますます強くなるでしょう。それは必ずしも悪いことではなく、かえってその場での経験が人間としての成長を促す糧にもなるのです。しかし、その経験を成長の糧とするためには、子どもの心の基地となってその経験を理解し、受け入れ、共感する人が必要であり、子どもはそこで一度重荷を下ろして、新しくエネルギーを蓄えてそこから再出発することになります。

 保護者の皆さまも、保育者も、子どもの成長の基地であること心に留め、子どもたちがたくさんのことに挑戦しその経験を広げていくことを支えて参りましょう。

posted by 聖ルカ住人 at 10:10| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛を育むのは愛 (愛恩便り2019年5月)

愛を育むのは愛

 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。(ヨハネによる福音書 13:34 ) 

 次のような場面と想像してみてください。赤ちゃんがじっと母親の顔を見つめています。母親は赤ちゃんの顔を見てニッコリして優しく柔らかな声で赤ちゃんに言葉をかけます。赤ちゃんはまるでその言葉の意味まで分かるかのようにニッコリします。お母さんはその赤ちゃんの反応に嬉しくなってまた優しく柔らかな声で語りかけると、赤ちゃんもお母さんの目を見ながら「ウング、ウング・・・」と話しかけてきます。こうして母親と赤ちゃんの絆はますます確かになっていきます。

 これは、人間関係の原型であり基本です。この場面は母親の愛が子ども育んでいるとも言えますが、違う側面から言えば、赤ちゃんが母親の愛情を育んでいる場面でもあります。お互いの愛が相手の愛によって育まれるのです。

 もし赤ちゃんが母親の顔をじっと見て関心を向けてきているのに、母親がそのことに無関心で何の反応も示さないのなら、赤ちゃんはやがて母親との関係作りを諦めて、無表情に無気力になっていくでしょう。人間は、一度や二度の行き違いやすれ違いで直ぐに無気力や無表情になるほど弱くはありませんが、上記のような場面を思い描いてみると、人間関係の原型に愛が置かれていること、愛を置くべきことが良く分かると思います。

 進級、新入園当初の緊張も次第に解けて、幼稚園ですごす子どもたちに沢山の笑顔が見られるようになってきました。私たち大人は、子どもたちの言葉や行動の中から、笑顔をたくさん見つけて拾い上げ、言葉をかけて応えていきたいと思います。子どもたちの笑顔を見つけて拾い上げるためにも、私たち大人も笑顔で過ごすことを心掛け、そこから子どもたちの笑顔を更に拡充していけますように。

 イエス・キリストは「互いに愛し合いなさい。」と教えてくださいました。「愛し合う」とは、目の前にいる相手との間に神の願う世界が実現するように、相手に関わり抜くことです。日々の何気ない会話や遊びの中にも、子どもたちの心は躍動しています。私たちがそこに共感して子どもたちの躍動を共に喜び合うとき、私たちは子どもたちと共に神さまに育まれていくのではないでしょうか。

 初夏の気持ちの良い日々、子どもたちと一緒にたくさん楽しんで過ごして参りましょう。

posted by 聖ルカ住人 at 09:47| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月28日

塩で味付けられた言葉(愛恩便り2019年4月)

いつも、塩で味付けられた快い言葉で語りなさい。(コロサイの信徒への手紙 3:6 ) 


 新年度を迎えました。保護者の皆さまにはお子さまの入園、進級おめでとうございます。どうぞ、よろしくお願い致します。

 冒頭の聖句に「塩で味付けられた快い言葉」という言葉があります。

 塩は、古くから調味料としてだけでなく、防腐や貯蔵のために、また、宗教的な浄めのためにも用いられてきた歴史があります。「塩で味付けられた言葉」とは「きよい言葉」という意味を込めて用いられていると考えられます。

 先日、私の息子夫婦が生後7ヶ月になる孫を連れて立ち寄ってくれました。その一泊二日の間に、じいじ(私)とばあば(妻)、お父さん(息子)とお母さん(その妻)の4人で、幾度「優ちゃん!」と、この幼子の名前を呼んだことでしょう。孫は、その呼びかけに応えて笑ったり、時々は手を挙げたり(と思えるような仕草も)してくれて、そこに更に「優ちゃん!」とその名を呼んでの言葉かけが続きます。

 私は、こうした呼びかけのひと言ひと言が幼子を個性ある「優ちゃん」として育んでいるのだな、と実感しています。

 例えば、石工が大きな大理石の塊にノミをあてて槌を打つ作業は、その一回一回はとても小さな働きで、作品ができていく過程でどのように役立つのか確かな手応えは感じられないかもしれません。でも、こつこつとノミを当てていく作業がなければ形のある作品はできません。ちょうどそれと同じように、幼子の名を呼んで育むことは、人の成長と人格の形成にとって何気ないことのようでありながら、欠かせないことであると言えるでしょう。

 いま、この作業がとてもおろそかにされています。幼子は、家族から柔らかな声で呼びかけられ優しい眼差しを受けねばならないのに、スマホやタブレットの音と映像にその関係を奪われ、子育ての大切な関係が希薄になり、豊かで確かな肌と心の交流を失っている事例が激増しています。そのような豊かなコミュニケーションを与えられずに育った子どもたちのつくり出す、とげとげしく殺伐とした対人関係の持ち方と言葉遣いの事例も報告されています。

 いまは、「塩で味付けられた快い言葉」で語り合うことが必要な時代です。感性、知性、情緒の豊かな育みのためにも、共に温かで豊かな言葉を交わし合う世界を創っていくことができますように。

posted by 聖ルカ住人 at 16:29| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御国が来ますように(愛恩便り2019年3月)

御国(みくに)が来ますように 

 御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。(マタイによる福音書第6章10節)


  「主の祈り」は、キリスト教徒が古くから伝承してきた大切な祈りであり、「聖書」の中に、イエスさまが弟子たちに「だから、こう祈りなさい。」とこの祈りを教えておられる箇所があります。

 「主の祈り」の中に「御国が来ますように」という言葉があります。私たちの生きているこの世界に「御国が来る」ということは、どこか特別の地域を区切ってそこをキリスト教徒の領土にすることではありません。そうではなく、御国とは、私たちが生活している直中に「そこには確かに神が共にいて祝福していてくださる」という姿が現れ出る状態のことであり、言い換えれば、「神さまの願っておられる姿が私たちの生活する場に現れ出てくること」であると言えるでしょう。

 そうであれば、私たちが「み国が来ますように」と祈ることは、私たちがただじっとしていれば神さまが理想の世界をもたらしてくださるように願うことではなく、私たちを天の国を実現させるための働き人として用いていただけますように、という意味が込められていることが分かります。私たちは神さまからこの世に命を与えられ、それぞれに与えられた自分の命を用いて、神の願う世界が実現するように生きています。

 愛恩幼稚園でも、日々の小さな礼拝の中で、この「主の祈り」を唱えています。まだその深い意味までは理解できなくても「御国が来ますように」と日々祈りを捧げながらこの一年を過ごしてきた子どもたちが、やがて大きく育ち、神の国を実現する良い働きをする人になって欲しいと思います。それは、大袈裟なことではなく、自分の家族や友人を愛することや、自分の仕事を通して社会や隣人のために尽くすことなど、一見平凡でありながら、地道に神さまの御心を実践しようとすることから始まる働きであるように思います。

 神さまに心を向けて祈ることと、自分の隣り人を大切にしてその人々のために祈ることは分けることのできない一つのことであり、両者は十字架の縦の棒と横の棒に例えられます。そして、この両者がしっかりと組み合わされて十字架ができます。

 3月です。今年度の最後の月です。主イエスさまの教えてくださった「主の祈り」を心から祈りたいと思います。

 やがて子どもたちが、神さまの願う世界の実現のために働く人として、大きく羽ばたくことを夢見ながら、子どもたちと共に残り少ない日々を過ごしていきたいと思います。

posted by 聖ルカ住人 at 16:06| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月14日

ひとつの体を建て上げる (愛恩便り2019年2月)

ひとつの体を建て上げる

「あなたがたはキリストの体であり、一人一人はその部分です。」( コリントの信徒への手紙一第12章27節 ) 


 それぞれの個性が集まって心を一つにして何かをつくりあげる素晴らしさは、しばしばオーケストラに例えらます。いくつもの音色の違う楽器がそれぞれに異なる旋律を奏でながら、その全体がつくりあげる一つの音楽は、人を感動させるものになります。

 同じことを合唱に例えることもできます。人の声はそれぞれに音質が違い、そこに集う人々が同じ高さの音(例えばラの音)で発声すると、その響きはその時その場にしかない、他の誰にも取り替えられないものになるのです。そのようにしてうたわれる歌は、例え同旋律を歌う場合でも、その時だけの音楽になるのです。

 このことに例えられる出来事が、子どもたちのいるところで日々起こっています。

人はみな、他の誰とも取り替えることのできない尊い存在です。そのことは、子どもたちが他者と共にいる時に、1+1が2である以上に、量においても質においても、広がりと深まりのある表現ができるようになっていくことに表れてきます。

 昨年のドッジボール大会で、私にとってとても印象深く今でも私の目に焼き付いているプレーがあります。

 劣勢であったチームの子が、相手の投げたボールをキャッチすると、相手チームの子を狙うのではなく、相手チームの頭上を越える高さで外にいる仲間にボールを投げたのです。仲間が外から相手を当てれば当てたその仲間はまた中に入ることができて、中の仲間を増やせるからです。チームの状況の中での自分の立場を理解して、自分がどのように動くことが相応しいのかを判断して、あのようなプレーをする姿に私の心が躍りました。

 子どもたちの毎日の出来事の中に、目立たないけれど、オーケストラのような、合唱のような、あのドッジボールのプレーのような出来事はたくさん起こっているのです。子どもたちは、仲間と共に過ごすことで自分一人では経験できない世界が開けます。そこには、自分の役目をしっかりと担うところに生まれる一体感もあります。これは生きる喜びです。

 こうした場は、子どもたちが恐れなく自分を表現できる環境があってこそ開かれてきます。一人ひとりが大切にされねばならない意味をしっかりと心に留め、子どもたちの育みのために励んで参りましょう。

posted by 聖ルカ住人 at 05:14| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月13日

人間として生きる喜び(愛恩便り 2019年1月)

人間として生きる喜び

 「人が独りでいるのは良くない。」( 創世記第2章18節 ) 


 新年、おめでとうございます。

 私は、昨年8月に二人目の孫が生まれ、4ヶ月半になったその孫も含めて、子どもたち家族と年末年始を過ごしました。孫は、まだまだ泣いて乳を飲んで眠るだけの生活ですが、私たちが話しかけると視線を合わせて笑顔を見せ、お腹が減ると泣き、眠くなると泣き、本当に可愛いものだと思います。

 そして、人の感覚とは何と素晴らしいのだろうと改めて思いました。

 例えば、録音した会議録などを再生すると、その席にはたくさんの雑音があったことに改めて気付きます。会議の最中は、自分の課題に集中するため、実際にはたくさんある雑音は認識しないようにその感覚を働いているからです。しかし、それは人が赤ちゃんの時から自然にできるのではなく、周りの人にたくさん話しかけられ、まだ言葉にもならない喃語や泣き声を聞いてもらい、確かな視線と言葉での反応を受けることを数え切れないほどに繰り返している間に、赤ちゃんは周囲の人々から必要な情報を取捨選択することができるようになるからなのです。

 そうであれば、赤ちゃんが画面をみているとおとなしくなるからといってテレビ、パソコン、スマホなどに頼ってはならず、周りから優しく柔らかな声をかけてあげたり、赤ちゃんの視線をしっかり拾って適切な言葉にして話しかけたり、喃語に柔らかな声で応じてあげたりすることがどれほど大切なことであるか分かるのではないでしょうか。

 赤ちゃんに限らず、人は視線を合わせてしっかり心を通わせることによって育ちます。認知症の老人にしっかり視線を合わせて語りかけつつスキンシップを図ることで、症状が回復する事例も報告されています。

 「人」という文字の成り立ちは二人が支え合っていることに由来すること、また人を「人間」と言って社会的関係に生きる存在として表現することなどからも分かるとおり、私たちは人々の関係の中で育まれるのです。

 愛恩幼稚園では、一人ひとりを大切にすること、一人ひとりに丁寧に関わることを大切にしておりますが、それは単なるお題目ではありません。一人ひとりを大切にする具体例がどのような事であるのかの一端をこうしたことから理解していただけると思います。

 愛恩幼稚園は創立101年目を歩んでいますが、教職員一同で幼稚園の使命を再確認して、一人ひとりを大切にする本園の働きを充実させていきたいと思います。本年も、どうぞよそしくお願いいたします。


posted by 聖ルカ住人 at 16:42| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月24日

羊飼いの喜びを (愛恩便り2018年12月)

羊飼いの喜びを 

 今日ダビデの町であなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 (ルカによる福音書第2章11節)


 救い主の誕生の知らせが最初に届けられたのは、羊飼いたちのところでした。

 当時、羊飼いは卑しい職業とされていました。羊飼いはいわゆる「流れ者」でした。安息日を守ることもできず、街の生活からはじき出されたような人々がその仕事に就いていたからでしょう。そうであれば、彼らの中には「どうせ、俺たちは羊飼いよ。羊飼いで何が悪いんだ!」と居直るような生き方をする者もいて、周りの人々からもますます敬遠され、彼らは自分でも捨て鉢な生き方をしてしまうようなこともあったでしょう。

 天使は、そのような人たちにこそ、救い主誕生の知らせをまっ先に届けねばならず、また、届けたかったのでしょう。この知らせを受けた羊飼いは、立ち上がってベツレヘムへ向かい、飼い葉桶に寝かされた乳飲み子を見つけて喜びに満たされました。

 「救い」とは、神の心としっかりと結びつくことであり、神から与えられたその人にしかない命がその人本来の姿を表わすことである、と言い換えられます。救い主はそのためにお生まれになり、人を愛し抜き、人々が本当の自分を取り戻せるようにその人々に関わって働き通しました。

 その働きは、当然下層民や落ちこぼれた人々との関わりが中心となり、彼らを見捨てる権力者を批判することになり、救い主イエスはやがて権力者たちの手によって十字架刑に処せられることになります。その十字架の上からさえ、人々を愛し抜き、赦し抜き、彼らを取りなして祈りつつ死んで、復活したのが救い主イエスです。ちょっと大げさな表現になりますが、救い主イエスは「神が命がけで私たちを愛し抜いてくださったしるし」なのです。

 私たちは、「羊飼いの喜び」に共感できるでしょうか。子どもたち一人ひとりも神さまから愛されて大切にされています。神さまは、私たちが自分と他者を大切に生きる人になることを、子どもたちがそのような人に育つことを願っておられます。

 救い主イエスが、わたしのために生まれてくださり、あなたのために生まれてくださいました。その喜びをみんなで分かち合い、共に生きる喜びにしていくことができますように。

 クリスマスおめでとうございます。

posted by 聖ルカ住人 at 20:14| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする