2022年12月27日

御国がきますように

み国が来ますように

「御国がきますように。御心が行われますように、天におけるように地にも。」マタイによる福音書第6章10節

 教会で古くから伝えられてきた祈りに「主の祈り」があります。「聖書」の中でイエスさまが弟子たちに教えた祈りとして記されており、今では世界各国の言葉に訳されています。愛隣幼稚園では日本語で唱えていますが、世界で二〇〇〇年にわたって唱えられてきた祈りであり、この祈りは「世界を包む祈り」であると言えます。

 この「主の祈り」の中に「み国が来ますように」という言葉があります。私たちの生きているこの世界に「み国(天の国)」が来るとは、どこか特別の地域を区切ってそこが神の領土であると宣言するようなことではなく、私たちが生活している直中に「そこには確かに神が共にいてくださる」という姿が現れ出ることであり、神さまのお考えになっている姿がそこに現れ出るということなのです。

 そうであれば、私たちが「み国が来ますように」と祈ることは、私たちがじっとしていれば神さまがそのような理想の世界をもたらしてくれるということではなく、私たちを天の国を実現させる器として神さまに用いていただけますように、と言うことであることが分かるでしょう。

 愛隣幼稚園では日々の祈りの中で「主の祈り」を唱えまた歌っています。「主の祈り」を日々捧げながら過ごしてきた子どもたちが、やがて大きく育ち、み国の実現の働き人になって欲しいと思います。それは、大袈裟なことではなく、自分の家族や友人を愛することや、自分の仕事を通して社会や隣人のために尽くすことなど、一見平凡でありながら地道に神さまの御心を実践するところから始まる働きであるように思います。

 神さまに向けて祈る愛の心と、自分の隣り人を大切にできる愛の心は、十字架の縦の棒と横の棒に例えられます。この両者がしっかりと組み合わされて十字架ができます。

 3月です。年間最後の月です。主イエスさまの十字架を思いつつ、「み国が来ますように」と心から祈り、いつかは子どもたちがみ国の実現のために働く人に大きく羽ばたくことを夢見ながら、子どもたちと共に育っていきたいと思います。

(「あいりんだより」2008年3月)

posted by 聖ルカ住人 at 17:51| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください