2022年12月21日

温かな視線を交わし合う 2008年2月

温かな視線を交わし合う 

 キリストに結ばれて歩みなさい。(コロサイの信徒への手紙第2章6b節)

 親子関係は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときから始まっています。新生児はまだ目がよく見えないと言われた時期もありましたが、私の子育て体験から言うと、赤ちゃんは(どの程度かは別として)かなり目が見えているという実感を持っていますが、皆さんはいかがでしょうか。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは、少なくとも目の前の三十㎝ほどの距離でサッカーボールほどの大きさのものは認識できることが分かっています。それは、ちょうど大人が赤ちゃんを抱っこしたときに、大人と赤ちゃんの目と目がしっかりと結び合う距離でもあります。

 授乳の時、赤ちゃんはコクンコクンと一定のリズムでお乳を飲み、少し休んでまた一定のリズムでお乳を飲むことを繰り返します。赤ちゃんは「少し休んで」いるときに、お母さんの顔をじっと見つめます。授乳時にこのような「間」をとるのは、ほかの動物にはない人間の赤ちゃん特有の行為なのだそうです。そしてこの「間」は、赤ちゃんがお母さんと目と目で暖かで平安なコミュニケーションを結ぶ大切な時なのです。「目と目を合わせて心を育む」、そんな言葉が思い浮かびます。そうであれば、お母さんはこの「間」が出来たときに、赤ちゃんに暖かな視線と向けてあげることが大切だということがよく理解できます。

 また、人間の目は、他の動物に較べていわゆる「白眼」の部分が他の人にもよく分かるようになっています。他の動物は人間ほど白眼の部分が多くありません。人間の目はその分その人の感情や思考が表れやすくなっているのです。「目は口ほどにものを言う」と言われるのもうなずけます。

 このようなことを考え合わせると、暖かな視線はコミュニケーションの基本であると言えるでしょう。私たちは子どもたちとの豊かな心の交流のために、暖かな視線を子どもたちに向けたいと思います。それは年齢に関わらず、人と人とが心を通わせる上で最も大切なことの一つです。もしいつも刺すような冷たい視線を浴びていては、大人だって心が縮む思いになり、他の人と目と目を合わせることができなくなるのではないでしょうか。

 私たちは神さまから大きな愛の視線を受けています。いつどこにいても、私たちは神さまの見守りの中で生かされているのです。この恵みに生かされて、私たちも互いに暖かく支持的な視線を向け合うことができます。神さまの愛の眼差しをしっかり心の奥にまで受けましょう。そして私たちからも、日々、暖かな視線を子どもたちに向けていきたいと思います。

 (『あいりんだより』愛隣幼稚園20082月)

posted by 聖ルカ住人 at 16:01| Comment(0) | 幼稚園だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください